無線機を活用しよう

無線機と携帯電話の違い

無線機と携帯電話に大きく違いが有ります。携帯電話は携帯電話なりの、無線機には無線機なりの良し悪しがあるのでそれぞれの特徴を踏まえ、大いに活用しましょう。

お年寄りから子供まで誰もが手軽に使えるといった面では無線機も携帯電話も同じかもしれません。しかし、無線機にはさらに携帯電話と違ったとくちょうがあるのです!

今回は無線機について説明しますので少し片寄りがあるかと思いますがご了承下さい。

通話料金が無料
なんといっても無線機の良いところはどんなに通信しても通話料金がかからないところにあるでしょう!使用頻度が高い人にはかなりおすすめですし、企業で無線機を利用すれば通話料金の大幅なコスト削減につながるのではないでしょうか。

広範囲で無線機を使用する場合は電波使用料が付加されますがそれも定額制ですので大きなダメージはありません。
一斉通話が出来る
携帯電話には無い機能では?無線機は周波数が同じであれば一度の通信で数十人の通信相手に連絡が取れてしますのです!迅速な情報提供が鍵となる飲食業などで無線機が支持されている要因の一つですよね。

また一度に情報を伝えるということは二度手間をしなくて済むので時間の削減にもなりますし、情報が変に曲げられることもありません。
ダイレクトコール
そう!トランシーバーといった無線機などはたいがいワンプッシュで通信することが出来ます。携帯電話ですといちいち通話したい相手を電話帳から探し出したり、履歴から呼び出したりと作業が一回では済まないですよね。

無線機はそんな面倒な操作はいらず、トランシーバーといった無線機は一つのボタンで相手を呼び出すことが可能なのです。そのためいち早く伝えたい情報などが迅速に相手に伝えられるため、警察や消防などの公共機関も多く利用していますよね!
災害時でも連絡手段として利用できる
携帯電話は災害時や緊急時など、回線が混雑するのをご存知だろうか。

地震などが発生した場合家族や親戚が一斉に連絡を取ろうとするため繋がりにくくなるのです。緊急時のときこそ一刻も早く連絡を取るために携帯電話を持っているのに繋がりにくかったら元も子もないと思いませんか。

無線機はそのような電波障害を受けずスムーズに通信することが可能で、緊急時の連絡手段として大いに活躍するのです。

check

Last update:2017/1/27

Copyright © 2009 無線機を活用しよう All Rights Reserved.