無線機を活用しよう

インカム

無線機といえばトランシーバーの次に思い浮かぶのがインカムではないでしょうか。中にはすでに利用している方も多いと思います。そう、コールセンターのスタッフが付けているような無線機のことをインカムといいます。トランシーバーと同じように様々な用途で利用でき、手軽に使えるので便利♪

本来インカムというのはインターコミュニケーションの略で、直訳すると「内線通信機」という意味。その名の通り同一建物内や同一敷地内で使用する通話システムで、ハンズフリーで利用できるのは誰でも知っていますよね。

通常インカムとは無線機又は有線で利用する際にマイクとイヤホンが一体になったヘッドセットのことを言うのですが、ヘッドセットを取り付けたトランシーバーやイヤホンマイクなど幅広い意味で使われ、解釈も人それぞれです。そしてトランシーバー同様インカムを利用する際の資格や免許は特にありません。

アマチュア無線や業務無線とことなるところはここですね。購入した直後から利用できる手軽さでファーストフード店などでは今や定番です。

インカムには大きく分けて二つの種類があり、ヘッドセットとスロートマイクに分かれます。トランシーバー同様、インカムも用途に応じたタイプを選ぶ必要があるようです。

ヘッドセット
ヘッドセットのインカムはよく見かけるのではないでしょうか。先に述べたようにコールセンターなどでよく見かけるタイプのインカムがこのヘッドセットになります。耳にイヤホンがあり、顔の前にはマイクがあるタイプのインカムです。

マイクの集音性も大変優れていて、どんなに小声でも比較的きれいに音声を拾ってくれます。見た目はインカムを装着していることが分かりやすくアクセントや強調にもなるのでは?
スロートマイク
スロートマイクタイプのインカムはあまり見かけたことがないかも知れませんね。サバイバルスポーツではよく使われるようです。スロートマイクタイプのインカムはのど元に高感度マイクを装着し、音声を直接拾うのではなくのどが発する振動を捕らえ、通信相手に伝えます。

実際に発する声が聞き取りにくいような小声でも、うまく声帯を振動させることができれば通信相手に音声を伝えることができるのです。

ヘッドセットのインカムと異なり、突出した外部マイクなどが無いため、あまりインカムをつけているようには見えないことから、スタイリッシュに装着することができます。

インカムの短所

見た目がコンパクトですっきりとしている便利なインカムですが短所もあります。やはり小型なため比較的送受信が困難な場合もあり、ノイズが入ることもあります。

また、耳に直接当てるタイプの無線機なので、鼓膜に直接振動が伝わり人によっては耳や頭が痛くなってしまいます。最近発売されているインカムはそういった弱点を克服しているものも多いようですが、体調になんらかの影響がある場合は利用を一旦やめて休憩を取ったほうがいいでしょう。

無線機の使い方をマスターして正しく利用してください。

2016/7/8 更新

Copyright © 2009 無線機を活用しよう All Rights Reserved.